松煙染 草苑 九寸名古屋帯 9nobi1219 【smtb-k】【w1】 【お仕立て付き】上州赤城座繰り紬-帯








◆新品 正絹 未仕立て
◆日本の絹の証
◆六通 別腹
◆染織作家 草苑 落款
◆地色 墨色(ブラック)系

【こちらはお仕立て付きのお品です】
納品まで約3週間~4週間頂戴いたします。

赤城で自然に育てた天然繭より手紡ぎの絹糸を経緯に配して織りあげました。
天然繭 上州赤城座繰り紬の由来
紬糸は江戸時代より長年にわたり赤城山麓の農家で養蚕を営むなか老人が家族の着用として自家用に引いたものです。
作り方は出窯にお湯を沸かして60個~70個の繭を入れて80度~90度のお湯の中に手を入れて繭を合わせて上手に引き出して行きます。
現在の自動製糸のように糸を引張らない為繰り本来の味が損なわれず何代も着るほどに風合いが良くなるといわれています。
昭和の初期までは4千~5千軒の農家で生産していますが、現在は数件しか居らず、いづれも老齢化しているため僅かの生産量しかできず希少価値化されています。
ざっくりとした風合いと紬糸の節をご堪能ください。

松煙染は、松などの脂分を含む木を燃やして得た煤が原料となっています。
書道に使われる墨も同じものを原料としており、染材としてよりも墨として発展してきました。

墨の原料となるのは煤と*膠(にかわ)で、それを練り合わせたものが墨になります。墨には大きく分けて2種類あり、松を燃やしたときの煤を使うもの(松煙墨)と、菜種・胡麻・桐などの植物油を燃やした煤を使うもの(油煙墨)に分けられています。

松煙染は、膠で固めていない松煙を使った染色方法です。
その独特の透明感と深みのある色合いは、江戸の昔より「究極の粋」と呼ばれてきました。
そんな江戸文化の粋を今に再現した、松煙染に江戸紅型の模様を丹念に型染にしました。

また、前にくる部分は別腹になっており、上下に分かれるのも通好みでございますね。
地色は「 墨色 」系。

透明感のある地色に色数を抑えた意匠は、まさに江戸好みのお品です。
華やぎと粋な風情をお楽しみください。
御着物通の方に着こなしていただきたい逸品です。

■適応着物種■
 小紋、紬
■適応シーン■
 お茶会、同窓会、あつまり、デート、ショッピング
■適応シーズン■
 1月~5月、10月~12月
■適応年代■
 20代~70代くらいまでの方に

◆お仕立て内容◆

◎三河の帯芯サービス(綿芯・白地)
◎手縫い仕立て

松煙染 草苑 九寸名古屋帯 9nobi1219 【smtb-k】【w1】 【お仕立て付き】上州赤城座繰り紬-帯

松煙染 草苑 九寸名古屋帯 9nobi1219 【smtb-k】【w1】 【お仕立て付き】上州赤城座繰り紬-帯

メッセージ
その他
SKB 1SKBDB1113 11" x 13" トム Gig Bag (海外取寄せ品)


松煙染 草苑 九寸名古屋帯 9nobi1219 【smtb-k】【w1】 【お仕立て付き】上州赤城座繰り紬-帯 でもアクセスできます。
 
QRコード
  • 松煙染 草苑 九寸名古屋帯 9nobi1219 【smtb-k】【w1】 【お仕立て付き】上州赤城座繰り紬-帯